腸内環境を改善させる食べ物は?

腸内環境を改善させる食べ物といえば、乳酸菌や食物繊維が豊富に含まれているものです。
乳酸菌には、悪玉菌の繁殖を抑制して善玉菌を増やす働きがあります。
食物繊維には、消化されずに腸まで届いて便のカサを増し、腸の蠕動運動を活発にして排便を促す働きがあります。

乳酸菌が豊富に含まれている食べ物といえばヨーグルトです。
毎日の習慣としてヨーグルトをメニューに取り入れることで腸内細菌のバランスが良くなり、腸内環境を健やかに整えることができます。
ヨーグルトは、胃酸の刺激を受けないようにするために、胃酸の分泌が弱まる食後に食べるのがおすすめです。

同時にオリゴ糖を摂取すると善玉菌を増やす効果がさらにアップします。
オリゴ糖が含まれている食べ物は、バナナやリンゴです。
また、食物繊維が含まれている食べ物には野菜や果物や大豆製品、シリアルなどがあります。
食物繊維は、腸内で水分を吸収することで高い効果を発揮するため、同時に水をたくさん摂取することを心がけましょう。
腸内環境が悪化すると、便秘や下痢、肌荒や免疫力の低下などの様々な不調の原因になるので、日頃から食生活に気をつけて腸内環境の改善に努めて健康な体づくりをしていきましょう。

cho1

腸内環境にぬか漬けが良いって本当?

ストレスが多く、生活習慣の乱れがちな現代人は、美肌や老化防止、免疫力アップのために様々な健康方法を試しているのではないでしょうか?
健康な身体を作るためには、まず腸内環境を整えることが一つの方法でしょう。
腸内には悪玉菌と善玉菌という腸内細菌が存在しています。
腸内で胃からの消化物を分解し、栄養素として吸収する働きを持つのが善玉菌です。

逆に、分解することで、有害物質を作り出し、腸内に老廃物を溜めてしまうのが悪玉菌です。
悪玉菌が善玉菌よりも増えてしまうと、腸内環境が悪化した状態になります。
善玉菌を増やすし、悪玉菌を少なくすれば腸内環境を改善することができます。
善玉菌を増やすためには、乳酸菌などの善玉菌の増殖に有効な成分を多く摂取します。

乳酸菌はヨーグルトに含まれることで有名ですが、より効果的なのは植物性の乳酸菌です。
代表的な食べ物はぬか漬けです。
ぬか漬けは、野菜をぬかにつけて発酵させたものです。
発酵することで食物性の乳酸菌が発生します。
植物性乳酸菌は動物性の乳酸菌よりも体への負担が少ないと言うメリットがあります。
ぬか漬けなら種類も多いので飽きることなく、おかずとしも手軽に摂ることが出来るでしょう。

cho2

美肌を手に入れるには腸内環境が大事?

美肌を手に入れるために、洗い方、保湿、栄養などに注意してる人は多くいます。
手間をかけて、時間をかけないと美肌は手に入らないと思われがちです。

実際には、どれだけ手間暇かけても良くならないこともあります。
それは腸内環境が乱れているからかもしれません。
外側からのケアだけでは本当の美肌は手に入らないと言うことです。
肌を荒らす原因は、外的刺激と内側からの影響があります。
紫外線や乾燥などの外的要因は普段行なっている肌ケアで対応できています。

しかし、それだけでは内側からの影響は改善されません。
腸内環境が悪化した状態、つまり悪玉菌が多い時には腸内で老廃物質や有害物質が多く溜まってしまいます。
それらの排出されない物質は、血液に流れ込み、血液は体外に排出するために肌を使います。
肌の細胞に染み込んだ有害物質は肌を荒らして、吹き出物などの原因にもなります。

ですから、腸内環境を改善し、内側から肌荒れの原因を断たなければ、外側からのケアでは間に合いません。
食物繊維が多いものや、乳酸菌を多く含むものを積極的に摂取して、腸の働きを活性化しましょう。
腸内環境が整うと免疫機能も改善され、肌に悪影響があるものをブロックする働きも期待できます。

cho3

花粉症と関係があるの?

花粉症は、腸内環境を整えることで、改善することが出来ます。

まず、花粉症が起こるメカニズムとは、免疫システムの誤作動により、本来は何の害もない花粉を攻撃の対象とし、鼻水やくしゃみ、涙などを出して応戦している状態です。
この免疫システムの誤作動を引き起こしてしまう原因が、免疫力の低下なのです。
腸内環境を改善することが、花粉症を抑えることに繋がる理由は、免疫細胞という免疫を司る細胞の7割が、腸内で作られることにあります。
腸内で生まれた免疫細胞は、腸内の細菌によって鍛えられます。
腸内環境は、腸内フローラと呼ばれ、善玉菌と悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌の3つに分類され、善玉菌が有利な状態のときには免疫力が高まり、さらに免疫の調整機能も働くます。
花粉症の原因となる免疫システムの誤作動も引き起こさなくなります。

逆に、腸内の悪玉菌が有利な状態では、免疫力の低下しがちで、免疫システムの誤作動も引き起こしやすくなります。
腸内環境の悪化は、食の欧米化により、悪玉菌の餌となる動物性たんぱく質の摂取量が増加し、悪玉菌優位の環境が作られやすくなってきたことにあります。
そのため、善玉菌を増やすことが花粉症の症状の改善になるのです。

cho4

腸内環境を整えると、うつ病が治る?

腸内環境を改善すると、うつ病の改善に繋がるのでしょうか。
腸内環境を整えることで、便秘が解消したり、美肌にも効果があるというのは知られていますが、実はうつ病との関係も指摘されています。
うつ病は、心の病気で一見、腸とは関係ないように思いますが、セロトニンという神経伝達物質が関係しているといわれています。

セロトニンは、幸せホルモンとして有名になった物質ですが、うつ病になると、このセロトニンの働きが鈍くなってしまうと幸福感を感じにくくなり、眠れないという状態に陥ってしまいます。
腸内環境が悪いと、セロトニンの分泌がうまく行えなくなり、幸福感を感じにくくなってしまいます。
汚れた腸がうつ病の原因となっているのであれば、腸内環境を整えてきれいな腸にすることで、改善するはずです。

ただ、うつ病の原因はセロトニンの分泌だけでなく、コルチゾールというストレスホルモンも関係していますから、たとえ腸内環境を整える生活を送ったとしても、強いストレスを改善しないかぎり改善させることは難しいといえます。
ただ、腸をきれいに保つことで、セロトニンが正常に働き、心を穏やかに保つことができ、健康や美容、ダイエットにもメリットがありますから、やっておいて損はありません。

cho5

サイトを紹介

腸内環境をどうにかするということについて中心に説明しました。
少しでも参考になれば思っていますが、ここに載っている情報以外にも、役立つことは数多く存在しています。
例えば、便秘で苦しい思いをしているということでしたら、こんなウェブサイトも役立つかと思います。
便秘のお茶のサイトです。